心理的負担をできるだけ少なくしてロット数を上げる方法とは?

過去チャートでの検証によって期待値>1のトレード手法を確立し、
デモトレードでもその手法が通用すると分かった段階で、
ようやくリアルトレードへ移行します。

しかし、リアルトレードになった途端に、
実際に自分の資金がリアルなリスクに晒されると実感した途端に
手法構築とは違う別の問題に悩まされます。

そうです、マインドの問題ですね。

レートの増減がそのまま自分の資金の増減と直結しますので、
どうしてもチャートの動きではなく、
資金の増減に意識を向けてしまいがちになります。

今、-10PIPSだから●●円のマイナスになってるんだ。。。

そんな事を考えてしまうと、
いわゆる”ビクビク病“にかかってしまい、
その結果、”なかなかロット数を上げられない
という心理状態に陥ってしまう人も多いでしょう。

もちろんトレーダーの性格にもよりますが、
私もどちらかというとビクビク病を患ってた方なので、
ロット数を上げることについては
それなりの心理的負担に苦しみました。

では、
心理的負担をできるだけ少なくした状態で
ロット数を上げるにはどうすれば良いのか?

私の実践談をお話しします。
fear17090401

まずは、現状で心理的負担のかからないロット数から始める

最適なロット数というものは、本来なら
ストップまでのPIPSの距離を確認して、
そこから総資金の許容損失割合(%)を元に計算します。

しかし、今回は簡易的に考えて、過去にも記事にしたように、
最適なロット数は

総資金÷100万(ロット)

とします。

つまり、

総資金が10万円なら、最適なロット数は
10万÷100万=0.1ロット

総資金が100万円なら、最適なロット数は
100万÷100万=1.0ロット

総資金が1000万円なら、最適なロット数は
1000万÷100万=10.0ロット

となるわけです。

0.1ロットとは、1PIPS動くと資金が±100円増減します。
1.0ロットとは、1PIPS動くと資金が±1000円増減します。
10.0ロットとは、1PIPS動くと資金が±10000円増減します。

では、、、
仮に投資資金が100万円あったとして、あなたは上記のように、
1回のトレードで1.0ロットを投入できるでしょうか?

1PIPS動くごとに、つまり、USDJPYなら0.01円動くごとに
自分の資金が±1000円増減する環境に耐えられるでしょうか?

耐えらえれないのなら
無理に1.0ロットでトレードする必要は全くありません。

まずは、自分にとって心理的負担のかからない、
できるだけ少ないロット数から始めましょう。

幾つでも良いです。

0.5ロットでも良いですし、それこそ、0.1ロットでも構いません。

0.1ロットなら1PIPSで±100円の増減です。

100万円の資金で±100円の増減なら
かなり心理的負担も軽減されますね。

で、最初のロット数を決めたら、
そこから徐々にロット数を上げていきます。
jpy17090402

自分の性格にあわせて徐々に増やす

私が試した方法はとてもシンプルです。

週単位で勝ち越せば、次週はロット数を少し上げる
週単位で負け越せば、次週はロット数を少し下げる

です。

その手法の期待値が1以上なら、
当然、週単位で勝ち越す事が多いはずなので、
これを繰り返していけば、
心理的負担の影響を最小限にとどめながら
ロット数を上げていく事ができます。

例えば、
100万円の資金で最初に0.1ロットから始め、
週単位で勝ち越せば、+0.1ロット増やして、
次週は0.2ロットでトレードする。

そして、次週も勝ち越せば、+0.1ロット増やして、
次々週は0.3ロットでトレードする。

そして、次々週は負け越せば、-0.1ロット減らして、
次々々週は0.2ロットでトレードする。

という方法でロット調整をするわけです。

こうやって週単位に0.1ロットずつ増減していって、
最終的には適正ロットである1.0ロットまで上げてきます。
up1790403

ただし、これは一般的な例であって、
必ずしもこれに忠実に従う必要はありません。

各トレーダーの性格によって心理的負担の量は違ってきますので、
自分流にアレンジしてもらっても構いません。

例えば、
上記では週単位で±0.1ロットの増減としましたが、
もっと慎重に対応したい場合は、
週単位で±0.01ロットの増減にしても良いわけです。

つまり、週単位で勝ち越せば、次週は0.11ロット、
次週も勝ち越せば、次々週は0.12ロットでトレードします。

こうすれば更に心理的負担は減るでしょう。

更に言えば、週単位で変える必要もありません。

2週間の成績からロット数を変更しても良いですし、
1ヶ月間の成績からロット数を変更しても良いわけです。

ロット数の増やし方に正解なんてないんですから、
自分の性格にあったやり方で、
自分の心理的負担が大きくならないやり方で
徐々に増やしていけば良いだけです。

ついでに付け加えれば、
100万円の資金だからといって、
1.0ロットでトレードする必要もありません。

自分が望んだ金額が毎月安定的に入るようになったら
そのロット数で固定しても良いわけです。

0.8ロットで十分と思えば、
0.8ロット固定にしてトレードを継続すれば良いですし、
0.5ロットで十分と思えば、
0.5ロット固定にしてトレードを継続すれば良いだけす。

しかし、上記で挙げた適正ロット数よりも
さらにロット数を増やすのはお勧めしません。

それ以上のロット数だと、トレードではなく、
ギャンブルの領域に入ってしまい、
ビクビク病からイケイケ病に変わってしまう危険性もあります。

あくまでも”身の丈に合ったロット数“を心掛けましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2019年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

このページの先頭へ