FXビクトリーメソッドと「投資苑」の共通点とは?

FXビクトリーメソッドが販売されたのは2006年で、
今から約13年前にもなる古い商材です。

そして、私がFXビクトリーメソッドを購入したのは2008年で、
このブログを立ち上げた2012年当時から
お勧め商材として紹介し続けています。

たまに読者様から、

FXビクトリーメソッドの内容は
 今となっては古くないですか?

という質問を受けることがあるんですが、
全く問題ないと言って良いでしょう。

なぜならば、
マルチタイムフレーム分析などの環境認識
体系的なテクニカル分析手順といった
時代に左右されないチャートの本質が語られている商材だからです。

私自身のリアルトレードにも
FXビクトリーメソッドの環境認識を取り入れて10年ほど経ちますが、
今でも十分に役に立っていますし、というか、
私にとっては無くてはならない分析方法です。

仮定の話、生成される1つ1つのローソク足が
チャートのどこかにワープして出現するのなら通用しませんが、
1つ前のローソク足の終値と最新のローソク足の始値がほぼ繋がっている
連続する流れの中で形成されるチャートという世界においては、
いつの時代にもFXビクトリーメソッドの内容は通用します。

chart19020601

世界中でロングセラーになっているトレード本
投資苑」という書籍をご存知でしょうか?

私も事あるごとに読み返している愛読書なんですが、
この本の日本語版の初版は2000年8月です。

つまり、今から約19年も昔の本なんですが、
今でも人気で売れ続けていますよね。

この本で勉強した事がある方にはお分かりだと思いますが、
この本の内容は、新しいとか古いとか
そういった類いのものではありません。

もちろん、当時はコンピューターが出始めた時期であり、
金融市場が今より成熟していなかったので、
そういった時代背景的な意味での古い記述はありますが、
それらはこの本の核心ではありません。

トレードにおけるマインドの構築の仕方、手法の構築の仕方といった
相場の本質、不変の真理が語られているからこそ、
今でも多くのトレーダーに支持されているんですね。

FXビクトリーメソッドも投資苑に通じるものがあります。

FXビクトリーメソッドは、FX系の情報商材としては
最古参に位置しているんですが、
今でも安定的に売れ続けている人気商材です。

FXビクトリーメソッドも投資苑も
読み返すたびに新しい気付きを与えてくれる良商材、良書です。

ダマシ回避からのエクスパンション

2月5日(火)のロンドン時間以降を、
FXビクトリーメソッドでトレードしてみました。

30分足チャートを執行時間軸にしたデイトレです。

この日の東京時間はどの通貨ペアも動意薄でスクイーズ状態、
できれば動き出しの初動を狙ってきたいと思っていました。


GBPUSDの30分足チャート
vm19020601
最初の横向き赤色矢印がショートエントリーの位置を表し、
次の横向き赤色矢印が決済の位置を表しています。

東京時間はスクイーズでしたが、
ロンドン時間に徐々に動き出してきました。

そして、
18:30に英の「サービス業PMI」という指標が控えていたんですが、
その前に上にブレイクするか、という動きが見られますね。

おそらく指標発表を前にした大口の仕掛けだと思われますが、
実際には指標発表でポンドが売られて急落しています。

その動きを確認して、つまり、上向きの動きがダマシとなり、
逆に、それまでの安値を割ってきたところでショートしています。

エントリー後はエクスパンションに発展、
本当ならもっとポジション保有を粘るべきなんですが、
この日は別作業もあり、利確指値(Limit)での決済としました。

この日の4時間足は下降トレンドだったので、
仮にこの日、上向きにブレイクだだったら、
環境認識の立場から私はロングエントリーしていなかったでしょう。


EURUSDの30分足チャート
vm19020602
最初の横向き赤色矢印がショートエントリーの位置を表し、
次の横向き赤色矢印が決済の位置を表しています。

東京時間までは戻り基調から徐々に横ばい、
スクイーズになっています。

その動きを確認して、
下向きにブレイクしたところをショートです。

エントリー後は多少含み益になりましたが、
大きく動く事なく徐々に戻ってしまい、
そのままストップにかかって損切りです。

もう少しストップの位置を遠くしていれば
再度下げてくれて利確できたでしょうが仕方ないですね。


USDJPYの30分足チャート
vm19020603
最初の横向き青色矢印がロングエントリーの位置を表し、
次の横向き青色矢印が決済の位置を表しています。

この日は東京時間からロンドン時間まで
ずっとレンジ相場となっていたので、
その下限からの逆張りロングです。

ちょっとスクイーズっぽかったですが、
レンジの上限までは上げると想定してのエントリーです。

しかし結局、監視中に決済まで行かず、
翌日の朝に再度確認した時にも
リミット、ストップどちらにも届いていなかったので、
仕方なく手動で利確決済しました。


result19020604
結局この日は3回トレードを行って2勝1敗、
合計+40.7PIPSの獲得となりました。

販売から13年も経ったFX商材の個別記事を書き続けているのは
おそらく私くらいでしょうか。

でも、それだけ勉強のしがいのある、
色褪せないFX商材だということでもあります。

私を専業トレーダーへと導いてくれた商材です。
FXビクトリーメソッド詳細レビューへ

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2019年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ

このページの先頭へ