私のところへお寄せ頂くお問い合わせで一番多いのは、
マエストロFXFXビクトリーメソッドに関する質問です。

 

私のブログで一番最初に紹介したFX系の情報商材でもありますので、
累計の問い合わせでは一番多いものとなっているでしょう。

 

また、どちらも佐野裕さんによる情報商材でもありますので、
その違いについて質問してくださる方も多いです。

 

それに加えて、佐野裕さんの新手法である
DLCメソッド」に関するお問い合わせも増えています。

 

このDLCメソッドマエストロFXFXビクトリーメソッドの違いについて
関心を持っている方も多いようです。

 

ですので、過去の記事に一度、
DLCメソッドという手法のロジックの特徴について
ネタバレしない程度に詳しく解説しましたが、
今回は、その手法のロジックとそれ以外の特徴についても
ご紹介したいと思います。

 

まず、DLCメソッドビクトリーメソッドの関連についてですが、
FXビクトリーメソッドというのは、マルチタイムフレームなどを利用し、
具体的に体系立てて説明されていますが、
その分ボリュームが非常に多く、
全てを理解するには時間がかかるという難点もあります。

 

FXビクトリーメソッド購入者から、そのような意見が多かった為に、
佐野さんが、なるべく簡単にできる手法ということで、
以前から個人的に使っていたDLCメソッドというものを
公開するに至ったという経緯があります。

 

ですので、DLCメソッドとFXビクトリーメソッドは、
その手法の関連性はあまりありません。
(DLCメソッドの動画の中でも解説されていますが、
ビクトリーメソッド考え方の一部をDLCメソッドに利用することもできます)

 

DLCメソッドの動画に関しては、現在7つほど公開されており、
時間的には、1つの動画に対して、20~30分程度で合計2時間半くらいです。

 

この7つの動画を見れば、手法を理解する事が出来るでしょう。

 

FXビクトリーメソッドの膨大なPDFファイル集や
マエストロFXの19時間にも及ぶDVDと比較すると、
より少ない時間で手法を学習できる事が分かると思います。

 

DLCメソッドの基本的な使い方として、
4時間足チャートと30分足チャートを使い、
共に条件を満たした時にエントリーする形式ですので、
仮に、4時間足チャートが条件を満たしていない場合は、
なかなかチャンスが来ない場合もあります。

 

人によってチャートを監視できる時間帯は異なってきますが、
例えば、夕方の17時から夜中の1時まで監視できるとすると、
約8時間になりますが、そうなると、4時間足チャートでは、
ローソク足2本分の動きとなります。

 

その2本分のローソク足の動きの間で、条件を満たさなければ、
その日1日エントリーしない場合も有り得ます。

 

しかし、4時間足チャートで条件を満たせば、
30分足チャートでは、わりと条件が揃いやすいので、
1つの通貨ペアあたり、1日でエントリーチャンスは3,4回ほどあるでしょう。

 

ちなみにDLCメソッドでは、通貨ペアはどれを使っても良いです。

 

そして、1日で何PIPSほど狙えるかは、相場状況にもよりますので、
具体的な数値は表しづらいですが、
佐野さんが、DLCメソッドの動画解説の中で
「天空入り」と表現している状況になれば、
50PIPS以上は取れる公算が高いです。

 

佐野さんが言うには、DLCメソッドというのは、
ちょくちょく負けて、結構勝って、時に大きく取る
という手法です。

 

FXビクトリーメソッド詳細レビューへ