FXビクトリーメソッド専用のオリジナルインジケーター4種を無料提供

私はこのブログで数多くのFX商材を紹介していますが、
それらのほとんどには、私が作成したオリジナルの特典を
無料でお付けしています。

しかし、FXビクトリーメソッドに関してだけは
オリジナルの特典を付けていませんでした。

なぜなら、
FXビクトリーメソッド自体の完成度が高くて
オリジナルの特典は必要ないと思ったから
and
FXビクトリーメソッドのボリュームが大き過ぎて
オリジナルの特典まで学習する余地はないと思ったから
です。

基本的に私が作成するオリジナルの特典は
その商材の足りない部分を補足するような、
弱点を補強するようなものを作成するようにしているんですが、
FXビクトリーメソッドに関しては、足りない部分も弱点もなく、
ただ愚直にその通りに学習するのが購入者のためになると
思っていたんですね。

しかし、最近になって
FXビクトリーメソッドにはオリジナルの特典はないんですか?
という質問メールを複数頂いたので、改めて考えてみました。

で、色々検討した結果、
FXビクトリーメソッドのトレード分析の効率化に焦点を当てて
オリジナルの特典を開発してみました。
victory19102201

「角度転換説」に対応したインジケーター

既にFXビクトリーメソッドを購入済の方はお分かりだと思いますが、
この商材で使われている主要なインジケーターは4種類あります。

エントリーの第1条件では、
チャートの背景的状況を分析するためにAインジケーターを使います。

エントリーの第2条件では、
トレンドの状態を測るためにBインジケーターを使います。

エントリーの第3条件では、
タイミングを計るためにCインジケーターとDインジケーターを使います。

FXビクトリーメソッドでトレードする時には
これら
Aインジケーター
Bインジケーター
Cインジケーター
Dインジケーター
を常にチャート画面に表示させます。

そして、これら4種類のインジケーターは、MT4をはじめとして
どこのFX会社のツールでも標準装備されているであろう
一般的なインジケーターなので、
FXビクトリーメソッドでトレードする際には特に問題はないはずです。

しかし、エントリー条件の一致を確認するには
標準装備のままのインジケーターでは
ちょっと使いづらいのも事実です。

なぜなら、
既にFXビクトリーメソッドを購入済の方はお分かりだと思いますが、
この商材のエントリー条件は「角度転換説」を採用しているからです。

未購入者には「角度転換説」と言われてもピンと来ないでしょうが、
要するに、インジケーターが指し示すラインが
上向きなのか or 下向きなのか or 横ばいなのか、
でエントリーするかどうかを決めるルールになっているわけです。

具体的なことは書けないですが、例を挙げると
Aインジケーターのラインが上向きで、且つ、
Bインジケーターのラインが上向きで、且つ、
Cインジケーターのラインが上向きならばロングエントリー
という感じですね

なので、ラインの向きが一目で分かるようになると
エントリー条件の一致も認識しやすくなるわけです。

そこで、FXビクトリーメソッド専用に、
ラインの向きを色で識別できるようなインジケーターを開発しました。

FXビクトリーメソッドの実行に最適化したインジケーター

先に説明したとおり、
FXビクトリーメソッドでは4種類のインジケーターをメインにして
ロジックが構成されています。

そして今回、私が提供するのは、それら4種類のインジケーターを
FXビクトリーメソッドの実行に最適化するように改良を加えたものです。

独自特典の名前は、

FXビクトリーメソッドの実行に最適化した
 インジケーター4種

としました。

このインジケーター4種をチャートに設定すると
以下のような画面構成になります。
vm19102202
4種類全てのインジケーターをボカして秘密にすると
以下の説明がしづらくなるので、
4種類のうち2つだけはお教えします。

メインチャートに設定するのはボリンジャーバンドで、
サブウィンドウの一つはMACDになります。

まず、メインチャートのボリンジャーバンドを見てください。

ボリンジャーバンドの中心線は移動平均線と同じですが、
このラインが上向きなら青色ライン
下向きなら赤色ライン
方向を変えようとしている時には黄色ラインに変化します。

このように色分けしていると
エントリー条件に一致しているかどうかが判断しやすくなります。

次に、サブウィンドウのMACDを見てください。

通常、MACDを表示する場合、
MACDそのもののラインとシグナルのラインの
2つのラインが表示されるのはご存じだと思います。

しかし、私が開発したインジケーターでは、
シグナルのラインは表示しておらず、
MACDそのもののラインしか表示していません。

なぜなら、シグナルのラインは
FXビクトリーメソッドでは使用しないからです。

そして、MACDのラインが上向きなら青色ライン
下向きなら赤色ライン
方向を変えようとしている時には黄色ラインに変化します。

このように色分けしていると
エントリー条件に一致しているかどうかが判断しやすくなります。

残りの2つのサブウィンドウに関しても
MACDと同じく、上向きなら青色ライン
下向きなら赤色ライン
方向を変えようとしている時には黄色ラインに変化し、
必要なラインだけが表示されるようになっています。

ラインの向きって微妙なときがありますよね。
これは上向きなのか?横ばいなのか?
下向きなのか?転換したのか?

ラインの角度が水平に近い時は、
目を凝らして角度を確認する必要がありますが、
これらのインジケーターを使えば色で向きを教えてくれるので、
容易に判断できるようになります。

例えば、これらのインジケーター使って
実際のエントリー条件一致場面を見つけてみましょう。
vm19102203
上記チャートはこの記事を書いている時点での
EURUSDの30分足チャートですが、
横向き青色矢印の位置がロングエントリーの場面になります。

そして、改めての確認ですが、これらの条件は
チャートの背景的状況がトレードできる状態であること
というエントリーの第一条件を満たしている必要があるということは
FXビクトリーメソッドを購入済の方は理解していると思います。

以上、FXビクトリーメソッド用に新規に開発した
インジケーター4種の説明でした。

今後、FXビクトリーメソッドの購入者には、
この独自特典を無料で差し上げます。

エントリー条件の一致を判断するのには
とても使い勝手の良いインジケーターになっていますよ。

私を専業トレーダーへと導いてくれた商材です。
FXビクトリーメソッド詳細レビューへ

PS.

もちろん、
既に私のブログからFXビクトリーメソッドを購入済の方にも
この独自特典を無料で差し上げます。

既購入者の方は、
購入日と注文IDをメールでお知らせください。

確認後、この独自特典をメールに添付してお渡しします。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

このページの先頭へ