Platinum Kubera FX~EURUSD用の最適なパラメーター値も提供します

前回のPlatinum Kubera FXの記事後半にちょっとだけ告知しましたが、
バックテストを何度も繰り返して、
ようやくEURUSD用の最適なパラメーター値の組み合わせが決まりましたので、
こちらも独自特典として追加で提供します。

今回提供するのは、
EURUSD5分足EURUSD15分足EURUSD1時間足
の合計3種類のプリセットファイルとそのマニュアルです。
(プリセットファイルは、シグナル用とEA用を両方提供します)

特典名としては、

EURUSDの5分足、15分足、1時間足に適用する
 最適なパラメータ値とその設定方法

となります。

これによって、
元々Platinum Kubera FXで推奨されている組み合わせの

USDJPY5分足、USDJPY1時間足、GBPJPY5分足、GBPJPY1時間足の4種類

既に、独自特典として提供している組み合わせの

EURJPY5分足、EURJPY15分足、EURJPY1時間足の3種類

今回、独自特典として新たに追加した組み合わせの

EURUSD5分足、EURUSD15分足、EURUSD1時間足の3種類

合計10種類の組み合わせでトレードできるようになります。

これだけあれば、
シグナルが少なくてトレードできない事は無いでしょうし、
豊富なシグナルの中から、期待値の高いシグナルだけを選別する
裁量判断の学習もしやすくなるのではないでしょうか。

デフォルト値と最適化後の成績を比較(EURUSD版)

前回のEURJPYでもお見せしましたが、
今回も、最適化する事でどのくらい優位性が増していくのか、
具体的にバックテストの成績を比較してみましょう。

まずは、最適化していないデフォルトのままのパラメーターを
EURUSDの5分足に適用した場合の成績です。
eurusd5m17012801
(本当は、「全ティック」でテストした方が良いのですが、
 あまりにも時間がかかり過ぎるので、
 ここでは比較対象として参照するだけですので、
 「始値のみ」でテストしています)

ご覧の通り、プロフィットファクターは0.92なので、
デフォルトのパラメーターのままで運用したら
優位性が無いシグナルになります。

では、、、

このテスト結果をもとに
私が最適化作業を行って改良した後の結果が以下となります。
eurusd5m17012802
プロフィットファクターは1.13まで上昇しましたので、
この改良したパラメーターで運用すれば、
期待値>1のシグナルが得られることになります。

上記2つの項目を比較すると、
デフォルトの総取引数は、6000回を越えていましたが、
改良後には、約1700まで少なくなっていますね。

これはPlatinum Kubera FXで提供されている6種類のロジックのうち、
どうしても有効性が認められなかった複数のロジックを
非表示設定にしているからです。

更には、5分足でのトレードでは、
時間帯によってシグナルの確度に明確な差がありましたので、
期待値の低い時間帯でのトレードも削除しています。

どのロジックが有効なのか、どの時間帯が有効なのかについては、
マニュアルに全て書いてあります。


次に、最適化していないデフォルトのままのパラメーターを
EURUSDの15分足に適用した場合の成績です。
eurusd15m17012803
プロフィットファクターは0.91となっており、
収益グラフも右肩下がりなので、
デフォルトのままのパラメーターでは、
シグナルの優位性が無いという結論になります。

では、、、

このテスト結果をもとに
私が最適化作業を行って改良した後の結果が以下となります。
eurusd15m17012804
プロフィットファクターは1.16まで上昇し、
収益グラフも上向きに変わりましたので、
これならシグナルの優位性があるといえるでしょう。


最後に、最適化していないデフォルトのままのパラメーターを
EURUSDの1時間足に適用した場合の成績です。
eurusd1h17012805
プロフィットファクターは1.03ですので、
わずかに優位性があるといえますが、
収益グラフは安定していないですね。

では、、、

このテスト結果をもとに
私が最適化作業を行って改良した後の結果が以下となります。
eurusd1h17012806
プロフィットファクターは1.32まで上昇し、
収益フラフも上向きに安定してきました。

上記結果の黒で塗りつぶした部分は、
マニュアルでは全て公開しています。


以上、パラメーターを最適な組み合わせに改良した結果、
シグナルの優位性がどの程度増すことになったのか、
各項目の数値と収益グラフではっきりと分かって頂けたと思います。

上記は、EA用のパラメーターでのバックテストですが、
インジケータ用でもロジック1~ロジック6までのパラメーター構成は
全く同じになっているので、
EA用で優位性があれば、インジケータ用でも優位性があることになります。

是非、この特典も利用いただき、
Platinum Kubera FXでのトレードの幅を広げて下さい。

6種類のロジックで利益を得ながらトレードスキルも身に付ける
Platinum Kubera FXの詳細レビューへ

PS1.
Platinum Kubera FXを既に購入済みの方にも
もちろんこの特典をお渡しします。

購入時の日付と注文IDをメールでお知らせ頂ければ、
そのメール宛に添付してお送りします。

PS2.
もしかして、
「最適化した組み合わせのパラメーターがもっと欲しい」
と思っている方がいらっしゃるかもしれませんが、
申し訳ないのですが、
現時点ではこれ以上の提供は考えていません。

なぜなら、
最適化の作業は、非常に時間がかかってしまうからです。

特に、Platinum Kubera FXの場合、
そのプログラム内容が複雑なためなのか、
正確なバックテストが完了するまでに2~3日かかってしまいます。

つまり、2~3日パソコンの電源を切れない状況となるので、
他の作業にも影響が出てきてしまう可能性もあり、
とりあえず最適化の作業はこれで終了、という判断です。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

このページの先頭へ