独自特典販売の反応とビットコインへの個人的な見解

この前のお知らせ記事で独自特典のみの販売開始の告知をしたところ、
予想していた以上に購入申し込みのメールがたくさん来て、
ちょっと驚いています。

ビットコインを通じての販売なので、
それほど反応はないのかなぁ~とも思っていたんですが、
購入メールや問い合わせメールが頻繁に来るようになって、
忙しい時にはメール対応だけで一日が終わってしまうほどでした。

前にも書きましたが、
私のところに寄せられるメールの約3割ほどが
独自特典だけを販売してください
という主旨のものでした。

今回の独自特典のみの販売によって
そうしたメールが無くなるので、
私のメール対応に対する作業量も減ってくれるかなぁと思っていたんですが、
なんか、、、逆にメール対応が増える事になってしまいました。。。

しかし、最近になってようやく一定のペースに落ち着いてきたので、
既存の独自特典に興味を持っていただいた方には、
ひととおり行き渡った感じでしょうか。

メルマガ読者様、、、今度の土曜日までですからね)

ちなみに、
将来的にもビットコインが仮想通貨のトップであり続ける保証はないので、
ビットコインでの販売については、
その時々の情勢の変化を見ながら対応していくこともあります。
(もしかしたら、イーサリアムやリップルに変わったりね)
coin17060701

自分の国のお金を信用していない!?

何かしらネガティブな材料が出てくるたびに
円が買われる構図が出来上がっています。

これは日本が信頼され、安定していると認識されているからです。

しかし、世界には政治的不安、財政的不安、地政学的不安を
抱えている国はたくさん存在します。

つまり、自分の国を信用していない人が沢山います。

そうした人々が自分のお金を守るための選択肢として、
どこの国にも属さない通貨、つまり、仮想通貨、
特に、ビットコインを選択するという構図が出来つつあります。

仮想通貨がどのようなファンダメンタルズ要因によって価格が動くのか、
その詳細はよく分かりませんが、これまでの代表例としては、
キプロスの金融危機がありましたね。

また、そういった危機だけでなく、
ブロックチェーンといった技術の有益性も認識されつつあって
それが仮想通貨が広まっていく要因にもなっています。

日本ではまだまだ認知度は低いですが、
世界ではビットコインは普及しつつあります。

私の当てにならない自分勝手な予想ですが、
おそらく東京オリンピックの2020年頃までは、
海外からの旅行者の利便性を考えて、
ビットコインをはじめとする仮想通貨の需要は
日本でも多くなっていくのではないでしょうか。
olympic17060702

現時点での仮想通貨は、世界中に数百種類以上も存在しているので、
海外の全く無名の仮想通貨を保有しておけば、
数年後には何百倍にもその価格が上がっている可能性もありますが、
それはギャンブルというか運ですからね。

ビットコインも2010年には1円でしたが、
この記事を書いている時点では30万円を超えています。

もしも、2010年にたまたま気まぐれでビットコインを1000円分買って
そのまま放置していたら、今では3億円になっている計算です。

それと同じ夢を追いかけている人もいるようですが、
私はやめておきます。
dream17060703

自分なりの資産分散を考える

ビットコインをはじめとする仮想通貨は、
FXでいうところの通貨ペアと同じように
金融商品でありトレーディングの対象となっているので、
差益狙いの短期売買を行っている方も多いようです。

しかし、私の場合はビットコインを資産の分散先と考えているので、
基本的には長期保有のつもりです。
(短期売買はFXと株式で十分です)

将来的な事は分かりませんが、
現時点では、自分の資産の半分をに、
残りの半分をドル仮想通貨に振り分けていこうかと考えています。

日本の今後の経済について
各メディアではセンセーショナルな見出しを付けて
不安を煽っていますね。

限りなく可能性は低いでしょうが、
日本が戦争に巻き込まれても、経済破綻しても、
預金封鎖されても、ハイパーインフレになっても、
もろもろの理由で円が紙切れになっても、
資産を分散しておけば、何かしら残ってくれるでしょう。

あなたも自分なりの資産分散を考えてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2018年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

このページの先頭へ