個別銘柄の乱高下率って

デイトレをする際、人それぞれ登録、監視している銘柄は異なっていて、
また、それぞれ好みの銘柄というもの違ってきます。

 

私の場合は、素直な動きをする銘柄が好きです。
ザラ場中に大きく上昇したかと思うと、いきなり大口の成行き処分で急落、
と思ったのもつかの間、直ぐに板が埋まって、すかさず上昇、
という忙しいものは苦手です。

 

できれば、ザラ場を通して、大引けまで綺麗なトレンド、
滑らかな波を打つようなチャートが好きです。

 

日足チャートでも分かりやすい上昇トレンド、下降トレンドのものを手掛けたいです。
上ヒゲ、下ヒゲが短くて、ローソク足もなるべく同じような大きさのものが
揃って並んでいるようなチャートが好きです。

 

マルチタイムフレームの観点からも、
日足チャートで上昇トレンド、日中足チャートでも上がっている所を買いで仕掛ける、
日足チャートで下降トレンド、日中足チャートでも下がっている所を売りで仕掛ける、
これが私の基本です。

 

そして、もう一つ重要なのが、
ザラ場中、どういう動き方をするのか、ということです。

 

銘柄により、ザラ場中の動き方にはそれぞれ特徴があります。

綺麗な波動を描きやすい、
急騰急落が起きやすい、
前場の早い時間に動き出す事が多い、
後場からでも動く事が多い、
などなど。

銘柄によりいろいろな癖があります。

 

先に書いたように私は急騰急落する銘柄が苦手で、
できればザラ場中でも、日足チャートと同じく、
大引けまで綺麗に動いてくれる銘柄を取引したいと思っています。

 

そして、その為に用いている指標が、乱高下率、というものです。

 

これは、MA5やMACDのような事前に用意されたテクニカル指標ではありません。
私が、マイツールにより独自に作成したザラ場専用のオリジナルの指標です。

 

この乱高下率の数字が高いほど、ザラ場中で急騰急落が起きやすい、
そして、乱高下率の数字が低いほど、ザラ場中は綺麗に動いてくれる、という指標です。

 

私の監視している銘柄の中には、一日の値幅が大きい割には、
乱高下率が低い銘柄というのがあります。

 

そういった銘柄を手掛けると、割と成績が良い傾向にあります。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

このページの先頭へ