FXトレーダーは同じように考えている?PART.2

昨日、10月9日の15時付近のEURJPYの15分足チャートを再掲します。

このチャートの動きを見た時に、
急落後、今度はジリジリと戻りを試す動きとなっていますが、
昨日まで下値支持線だった赤いライン付近に到達してきました。

と書きました。

 

そして、「前回の支持線が今回の抵抗線」ということを指摘し、
この赤い抵抗線ラインを抜け切れず、下げることになったら、
再度、ショートが有効と書きました。

 

その後のチャートの動きは、以下のようになりました。

ジリジリと戻していた上昇トレンド時には、
オレンジラインで引いた、きれいな下値支持線が見えますね。

 

15時までに、赤い抵抗線ラインを3度ほど試した後、
下方向へ向かう動きとなりました。

 

15~16時にかけて、オレンジラインを割る動きとなったのが分かります。

 

ちょっと見にくいですが、オレンジラインを割れた後、
一旦、小さな陽線が見えます。

 

その小さな陽線の始値を割れた辺りでショートを仕掛けるのが
理想的ではないでしょうか。

 

丁度、同タイミングで遅行スパンが陰転しており、
かつ、青色スパン割れでもあり、確率の高いショートのタイミングです。

 

その後は一気に急落、直近の安値レベルである、青緑色の水平ライン付近まで
下げていきました。

 

そして、この安値レベルも、みんなが意識しているラインですので、
一旦、止まる事になります。

 

ロンドン時間からNY時間にかけて、3度ほどこの安値割れを試した後、
23時過ぎに、ようやくその安値ラインも明確に割れることになります。

 

仮に、オレンジライン割れで、ショートポジションを持つことができたら、
青緑色の安値ラインで一部利確、
その後は、逆指値を赤色スパンの少し上の辺りにおいて、
トレーリングする事が有効です。

 

 

市場参加者が同じように考えている時は、
長い陽線や長い陰線が出現します。

 

今回は、分かりやすいチャートパターンだったので、
ライン割れで市場参加者の意思が一致したようです。

 

FX初心者のうちは、こうしたライン引きが難しく感じるかもしれませんが、
毎日のように引いていれば、慣れてきます。

 

そして、市場参加者がどのラインを注目ポイントにしているのかも、
徐々に分かってきます。

 

ちなみに、チャート図で表示しているピンク色の線は、遅行スパン
赤色の雲青色の雲は、スパンモデルと呼ばれるもので、
マーフィーの最強スパンモデルという情報商材で詳しく解説されています。

 

興味がありましたらレビュー記事を見てください。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

このページの先頭へ