優位性のあるエントリーと+αがトレーダーには必要

FXでは、エントリーするに理由が必要です。

 

明確な理由もなく、ただ何となく上げそうな雰囲気だからエントリーする、
というだけでは、FXを趣味レベルで楽しんでいるとしか思えません。

 

また、雰囲気任せの行動は、
相場に対して人並みはずれた嗅覚の持ち主でない限り、
そうした裁量でのエントリーを繰り返すことは、
資金を減らしていく可能性のほうが、はるかに高いです。

 

出来るだけ明確なエントリー理由があったほうが良い、
ということは、言うまでもありません。

 

そして、理由は1つだけでなく複数あったほうが
より信頼性の高いエントリーであるといえるでしょう。

 

例えば、レンジからのブレイクを狙う場合でも、
何となくレンジ相場っぽい状態だったものが、
何となく高値を抜けてきたらロングしてみた、
というような、雰囲気だけでエントリーしていませんか?

 

これだけだったら、あまりにもエントリーの根拠が弱過ぎませんか?
しかし、FXの初心者のうちは、
この程度の理由でも平気でエントリーしてしまいます。

 

ブレイクの優位性を検証、分析する為の要素は幾らでも考えられます。

・レンジの期間は、どのくらい続いていたのか
・レンジの上下幅は、どのくらいの狭さだったのか
・レンジ中の高値は、きれいに揃っているのか
・下値に関しては、切り上げも見られるのか
・1つ上の時間足の優位性はどうなっているのか
・2つ上の時間足の優位性はどうなっているのか
・大きな時間足では、直ぐ近くに節目となるような高値は存在していないか
・ブレイク時には、ジリジリ抜けたのか、それとも一気に抜けたのか
・抜け後のレートの動きは、抜け前と変化が見られるか

などなど。

 

エントリーの根拠にすべき材料は、いくらでもあります。

 

そして、それらの材料を積み上げ、
ダマシでなく本物のブレイクと思われるもののみに
エントリーするようにしなければいけません。

 

ブレイク系を扱っている情報商材では、
こうした材料のうち、特にどの材料を優先的に見ているかは、
それぞれの商材により違ってきますが、必ず言える事は、
どの情報商材でも、複数の材料を持ち寄り、総合的に判断している、
という事です。

 

優位性の根拠となる材料が多ければ多いほど、
そのブレイクの成功確率は高くなるはずです。

 

そして、自信を持ってエントリー出来るようになっていきます。

 

しかし、これらに本当に優位性があるのかどうかは、
過去の出来上がったチャートの検証だけでは、
不十分である可能性があります。

 

実際に、多くのブレイクの現場に居合わせ、多くのブレイク現象を見て、
その流れを体験し、感覚を養う事も必要になってきます。

 

他のトレーダーの動き、というんでしょうか、
ローソク足の実体部分が実際に大きく伸びている状態、
そのスピード感覚というんでしょうか、
こうした裁量感覚を養っていく事も、重要な要素の一つと思います。

 

優位性のある根拠の積み上げ+多くの相場を見続けてきた裁量感覚

 

この2つが良い塩梅で融合したトレーダーが
本当に長期的に勝てるトレーダーと言えるのではないでしょうか。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2017年3月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

このページの先頭へ