新規の独自特典を紹介する前に~EAをベースにしたシグナル売買

FX商材の中で語られているトレードルールは、
1から10まで全て明確にロジカルに決まっているとは限りません。

というか、そのトレードルールの中には、
必ずと言っていいほど、人間の感覚に委ねる、
裁量判断的な要素が含まれてるものがほとんどです。

つまり、エントリーや利確や損切りなどに、
数式や数字ではっきりと定義づけできない条件が含まれています。

例えば、
“移動平均線が上を向ている時にロングする”
というルールがあったとします。
しかしこれだと、
具体的な角度は?どのくらい上を向いていたら良いの?
どのくらいの期間、上を向いていたら良いの?
となってしまうわけです。

また、
“直近安値の少し下にストップを置く”
というルールがあったとします。
しかしこれだと、
直近安値ってどこなの?
具体的に直近安値から何PIPS下にストップを置くの?
となってしまうわけです。

本当は、過去チャートによる検証やデモトレードによる実践で
このような裁量判断をたくさん経験して、
時間をかけて裁量スキルを磨いていく必要があります。

そして、こうした裁量スキルが上達すれば
トレードで勝てるようになります。

逆を言うと、裁量判断が上手くできていない人が
トレードで勝てていないわけです。

同じFX商材、同じトレードルールを勉強したのに、
勝ち組トレーダーと負け組トレーダーに分かれてしまうのは、
裁量スキルの上達の差が原因とも言えます。

つまり、トレードで勝つには
トレードルールの優位性はもちろんですが、
その中に含まれている裁量スキルも必要になってきます。

要するに、
トレードルールの優位性+裁量スキル
の組み合わせで勝てるようになるんですね。

しかし、トレードルールの優位性と裁量スキルの割合は固定ではなく、
勝ち組トレーダーによって異なってきます。

中には、
トレードルールの優位性7割+裁量スキル3割
勝てている人もいますし、
トレードルールの優位性5割+裁量スキル5割
勝てている人もいますし、
トレードルールの優位性1割+裁量スキル9割
勝てている人もいます。

(ちなみに、私のトレードスタイルは、
 トレードルールの優位性7割+裁量スキル3割くらい
 だと分析しています)

ということは、
トレードルールの優位性9割+裁量スキル1割
勝てている人がいてもおかしくないですね。

つまり、トレードルールの優位性が明確であるならば、
その分、裁量スキルは少なくて済むわけです。

今回、新たに提供する独自特典は
最小限の裁量スキルで勝てるようになるにはどうしたら良いのか?
というテーマで開発しました。
skill19041201

最小限の裁量スキルで勝てるようになるにはどうしたら良いのか?

上値抵抗線をブレイクしたらロングして、
 上昇の勢いがなくなったら利確し、
 もしも、ブレイクがダマシに終わったら損切りしてください

、、、。

確かにそうなんですけど、
これでは具体性に欠け、裁量判断のオンパレードで
何をどのように検証したらよいのかも分かりません。
トレードルールの優位性0割+裁量スキル10割です)

では、トレードルールが具体的で、裁量判断が全く無く、
検証の仕方も明確なものと言えば何があるでしょうか、、、

そうです、EA(自動売買)ですね。

EA(自動売買)ならばプログラムレベルでトレードルールが明確であり、
裁量要素が全く無く、検証もMT4のストラテジーテスターを使って
自動で機械的にできますので、
手法としての優位性も客観的に判断できます。

最小限の裁量判断で勝てるようになるにはどうしたら良いのか?

これを実現させるために
私はまず最初に期待値>1のEA(自動売買)を開発し、
そのEAを同じロジックのシグナル系のインジケーターに
変換することにしました。

つまり、EAでエントリーする場面を矢印などのシグナルで表示し、
EAで利確する場面や損切りする場面もマークなどを付けることで
EAと同様なトレードをシグナルで表現することにしました。

こうすれば、全く裁量要素の無いトレードルールでありながら、
既に期待値>1の勝てる条件が整っている状態でシグナルに従い、
システマチックにトレードできることになりますね。
トレードルールの優位性10割+裁量スキル0割です)
pc19041202

しかし、、、
単純に期待値>1のEAを開発すれば良いっていうわけではありません。

EAを開発するだけなら簡単なんですが、
トレーダーの作業、負担が出来るだけ少なくなることを前提とした
EAを開発するとなると途端に難しくなります。

なぜなら、通常のEAは24時間常時稼働しているので、
どの時間帯でもエントリーする可能性がありますし、
どの時間帯でも利確する可能性がありますし、
どの時間帯でも損切りになる可能性あります。

EAの種類によっては、途中で途転する事もあるでしょうし、
途中で利確の位置を変更する事もあるでしょうし、
途中で損切りの位置を変更する事もあるでしょう。

このような様々なアクションがあるEAをそのままシグナル化したら
そのアクションが起こるたびにチャートを見て
手動で何度も作業をする必要があります。

1回のトレードだけで、このような作業を何度も行っていては、
いくら優位性のあるEAだとしても、
トレーダーの作業、負担が大き過ぎて、続けられないですね。

つまり、単純に期待値>1のEAを開発するのではなく、
できるだけトレーダーの手を煩わせない、
できるだけ作業が少なくなることを前提としたEAを
開発する必要があるわけです。

pg19041203

で、今回の独自特典では、
シグナル化することを前提に、
できるだけトレーダーの作業が少なくなる方針でEAを開発しました。

では具体的に、トレーダーの作業がどのくらい少ないのかというと、
チャート内にシグナルが発生したら、
エントリーするのと同時に利確指値とストップ逆指値を設定

これだけで終わりにしました。

いわゆる、OCO注文ですね。

これなら、1回のトレードにつき、1回の作業だけで済むので、
手間が必要最小限になります。

もちろん、それでいて期待値>1です。

私はこれまで数多くのFX商材、EA商材を見てきましたが、

  • 過去10年間以上のバックテストで期待値>1のトレードルール
  • OCO注文だけで作業終了

この2条件を同時に満たした商材は見たことがありません。

私がEAを開発する際には、
最低でも過去10年間のバックテストを行うようにしています。

そのような経験から言わせてもらうと、
過去10年間のバックテストで期待値>1のトレードルールにするには、
そのエントリー条件、利確条件、損切り条件などは複雑になってしまい、
OCO注文だけで終わらせるような
シンプルなトレードスタイルにするのは無理です。

逆に、
OCO注文だけで終わらせるような
シンプルなトレードスタイルにすると、
過去10年間のバックテストで期待値>1のトレードルールにするのは
非常に困難です。

しかし、今回提供する独自特典の手法では、
相反するこの2条件を同時に満たしたトレードルールになっています。

つまり、

  • 過去10年間以上のバックテストで期待値>1のトレードルール
  • OCO注文だけで作業終了

この2条件を満たした手法を提供しています。

この手法はEAがベースになっているので、
先の説明でいうところの
トレードルールの優位性10割+裁量スキル0割
です。

「裁量スキル0割なの?」と思ってしまいますが、
個人的にはEAでの放ったらかしでの運用には否定的です。

EAでの放ったらかしでの運用では
もちろん勝てる時期もありますが、勝てない時期もあり、
成績が安定しない傾向にあります。

そこで、必要最小限の裁量判断が必要になります。

それが、
シグナルに従うかどうか
です。

これだけです。

エントリーすると決めたら
OCO注文を出すだけのトレードスタイルです。

これで
トレードルールの優位性9割+裁量スキル1割
の手法となります。

すいません、詳しく説明していたら
思った以上に前フリが長くなってしまいました。。。

独自特典の内容については、
次回に説明します。

To Be Continued…

One Response to “新規の独自特典を紹介する前に~EAをベースにしたシグナル売買”

  1. […] 前回の個別記事で、新規に開発した独自特典を紹介しようと思ったら、 その前段階の説明が長くなり過ぎてしまいました。 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2019年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

アーカイブ

このページの先頭へ