ID野球とトレードの共通性~確率論の本質と優位性の認識について

今年もプロ野球が開幕しましたが、これまでの長いプロ野球の歴史の中で、
名監督といえば、野村克也さんを挙げる人は多いでしょう。

野村克也さんは、過去に南海、ヤクルト、阪神、楽天の監督を務めましたが、
就任する時には前年に下位となったチームばかりで、
そこからの立て直しを任される事が多かったので、
監督としての苦労は人並み以上だったでしょう。

その野村監督の代名詞といえは、”ID野球” ですね。
(IDとはImportant Dataの略)

野球を知っている人なら、わざわざ説明するまでもない用語ですが、
ID野球とは、経験や勘に頼ってプレイするのではなく、
これまでの対戦で蓄えてきた数多くのデータを駆使して、
その場に応じた有効な戦術を導き出し、
試合に勝つ確率を高くするための方針、方法論を指す言葉です。

今となっては、各球団が当たり前のように採用していますが、
当時始めたのは野村監督が最初だったと言われています。

(最近では野球以外の他のスポーツでもデータを重要視しているようですね。
 例えば、バレーボールなどでも、コーチが試合中にパソコン片手に
 データ収集している様子をよく見かけます)

野村監督は、このID野球によって
自分よりも明らかに強いチームに対しても互角以上に戦い、
時にはチームを優勝に導いてきました。

その具体的なデータの中身については分かりませんが、
ピッチャーとキャッチャーを中心に様々なデータが集められ、
さらに、選手の心理面やクセに関する情報も扱っていて、
利用されるデータは非常に緻密で多岐に渡っていたようです。
analysis16041801

そして、そのようなデータのひとつひとつが
試合に勝つ確率を高くするために使われます。

もちろんそれらのデータは過去の試合から導き出された統計的なものなので、
あくまでも確率的に “そのような傾向がある” というだけで
100%確実なものではありません。

データに従って外角低めのスライダーを投げたとしても
確率的に打たれる場合だって当然あります。

でもデータに優位性があるならば、次に同じ場面に遭遇した場合は、
そこでもやはり、外角低めのスライダーを投げるべきだと言えます。

前回打たれたから」という個人的な経験や心理的な気後れは
逆に邪魔になってくる可能性の方が高いでしょう。
ball16041802

また、細かく分類されたデータのひとつひとつの優位性というものは、
微々たるものでしょう。

それだけやっていれば、試合に勝てる確率が10%も上昇するような
驚異的な魔法のデータというものは存在しないはずです。

ひとつひとつの優位性は、0.N%程度の僅かなものなのかもしれません。

しかし、それらの優位性を試合中のワンプレイ毎に少しずつ積み重ねていくと、
9回の試合終了時点で、ようやく目に見える形での優位性として表れてきて、
その試合に勝利する確率が上がってくるんだと思います。

そして、その優位性を春から秋までのワンシーズンを通して、
毎試合毎に少しずつ積み重ねていくと、トータルで勝利する確率が上がってきて、
最終的に優勝が見えてくるんだと思います。

ここまで話せば、私が次にどのような論理展開するのか、
常連さんなら分かって頂けると思います。
baseball16041803

そうですね。トレードでも同じだと言いたいんですね。

トレードで勝つ為には、経験や勘に頼ってトレードするのではなく、
過去チャートから優位性のあるロジックを導き出し、
トータルで勝つための戦術を用いるようにしなければいけません。

もちろんそれらのデータは過去のチャートから導き出された統計的なものなので、
あくまでも確率的に “そのような傾向がある” というだけで
100%確実なものではありません。

データに従ってMAのゴールデンクロスでエントリーしたとしても
確率的に負ける場合だって当然あります。

でもデータに優位性があるならば、次に同じ場面に遭遇した場合は、
そこでもやはり、MAのゴールデンクロスでエントリーすべきだと言えます。

前回負けたから」という個人的な経験や心理的な気後れは
逆に邪魔になってくる可能性の方が高いでしょう。

また、細かく分類されたロジックのひとつひとつの優位性というものは、
微々たるものでしょう。

それだけやっていれば、トレードに勝てる確率が10%も上昇するような
驚異的な魔法のロジックというものは存在しないはずです。

ひとつひとつの優位性は、0.N%程度の僅かなものなのかもしれません。

しかし、それらの優位性をトレード毎に少しずつ積み重ねていくと、
目に見える形での優位性として表れてきて、
そのトレードで勝つ確率が上がってくるんだと思います。

そして、その優位性を数ヶ月単位で、毎トレード毎に少しずつ積み重ねていくと、
トータルで勝利する確率が上がってきて、
最終的に勝ち組に入っている自分が見えてくるんだと思います。

fxsuccess16041804

ひとつひとつのロジックには全て意味があり、
その優位性の積み重ねが期待値を上げていきます。

しかし、それらは簡単に目には見えてきません。

たった2,3回トレードしただけで
「これは優位性がある」
なんて判断できるようなロジックは存在せず、
それは勘違い、早合点でしかありません。

そのロジックで何十回、何百回とトレードして、何か月も経過した先に
はじめて「優位性がある」と気付き理解し納得するものです。

それまではただデータを取り続けるだけです。

最後に野村克也さんの名言をどうぞ。

  • ちっぽけなプライドこそ、その選手の成長を妨げる。
  • 先入観は罪、偏見は悪、始めの勝ちは嘘の勝ち。
  • 楽を求めたら、苦しみしか待っていない。
  • 「どうするか」を考えない人に、「どうなるか」は見えない。
  • 一瞬のやる気なら誰でも持てる。
    けれども、持続性のあるやる気は深く認識したものだけに宿る。
  • 貴い知識・本質はいつの世でも、本来、単純明快である。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2017年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

このページの先頭へ