岡安盛男のFX極~学習の上達を助ける独自特典が完成

「岡安盛男のFX極」の手法は、
プライスアクションを利用した裁量型デイトレード
という事ができます。

そこでこのFX商材専用の特典を色々と考えたんですが、
やはり、手法の特性上、
エントリー位置や決済位置に矢印を出させるような、
いわゆる、サインツール的なインジケーターを開発するのは無理です。

「岡安盛男のFX極」では、プライスアクション、
つまり、レジスタンスラインやサポートライン、
そして、トレンドラインを引いて、それを基準にして
エントリー位置や決済位置を決めていきますので、
まず大前提として、レジスタンスラインやサポートラインを
自分で引けるようにならなければいけません。

そして、この “自分で引けるようになる” ことが
この手法としては最も重要なんですが、
残念ながら、この部分に関しては、
インジケーター化する事は不可能です。

よって、それらのラインを元にして
エントリーや決済位置に矢印を出させるインジケーターを開発する事も
事実上、不可能になります。

そこで、独自特典の方向性を変えて、
「岡安盛男のFX極」の学習のためには何が必要なのか
を改めて考え直してみたところ、
やはり、
実践トレード例を数多く提供する事
という結論になりました。

プライスアクションには “慣れ” が必要です。

数多くのチャートを見て、数多くのレジサポのサンプルを見て
そのラインの引き方を数式や理屈で考えるのではなく、
視覚的に感じられるようになることが、
本当の意味での “上達” といえるでしょう。

progress17100301

「岡安盛男のFX極」で1週間連続でトレードしてみました

「岡安盛男のFX極」の手法を用いて、
実際に私自身が1週間連続でトレードしてみました。

私が毎日のチャートと向き合った時に
どのようにレジサポのラインを引き、
そのようにチャート分析をしたのか、、、

それらを数多く提供する事が購入者様の役に立つ、
つまり、上達の手助けになると判断しました。

「岡安盛男のFX極」の会員サイト内では
全て動画で実践解説がなされていますが、
この特典では、PDFファイル内で静止画チャートで解説していますので、
どこにエントリーの指値を設定したのか、
どこに損切りの逆指値を設定したのか、
どこに利確の指値を設定したのか、
が、5分足と1時間足でひと目で分かるようになっています。

また、翌日以降のチャートも掲載する事で、
事前予約注文のその後の結果
(利食いで終わったのか or 損切りで終わったのか)
も、ひと目で分かるようになっています。

特典名としては、

「岡安盛男のFX極」
 「極」で1週間連続トレードした詳細解説

としました。

1週間連続でのトレードとなっており、
都合の良いところだけを切り取ったトレード集ではない
ところに意義があります。

この特典内では、
USDJPY、EURJPY、EURUSDの3つの通貨ペアを対象に
全部で11トレード行って、5勝6敗、
トータルで+102.3PIPSの獲得となっています。

5割以下の勝率にも関わらず、1週間で100PIPS超えの成績は、
プライスアクションのデイトレ手法としては理想的、
というか、目標にすべき数字と言えるかもしれませんね。

日によっては、事前予約注文にヒットせずに、
ノートレードで終わっている日もありますが、
それらも含めて全て解説しています。

もちろん、私の引いたレジスタンスライン、サポートライン、
および、トレンドライン、そして、
私が行った事前予約注文の全てが正解と言うつもりはないですが、
3つの通貨ペアで1週間分、つまり、
3通貨ペア×5日=15回分のチャート分析が
このPDFファイルには載っていますので、
会員サイトの動画解説を補うケーススタディー集としては
十分にお役に立てるのではないかと思っています。

「岡安盛男のFX極」を学習する際には、
是非この特典PDFファイルも活用してください。

できるだけチャートを見ないでデイトレしたいなら
岡安盛男のFX極 詳細レビューへ

PS.
既にこのブログから「岡安盛男のFX極」を購入済みの方にも
もちろん無料提供します。

購入日と注文IDをお知らせ頂ければ、
私の方で管理している購入履歴と照合したのちに
この専用特典をお渡しします。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

このページの先頭へ