トレーダー和也監督 Quartet Technic Academyの再販とVIP特典頂きました

去年12月の1ヶ月間だけ販売されていた
「トレーダー和也監督 Quartet Technic Academy」ですが、
今月から再販が決定しましたのでここに報告します。

去年末には、
想定以上に購入者が多く、サポートが追い付かなかったために
一旦販売を停止したようですが、
スタッフを増員して対応し、改めて販売を再開したようです。

しかし、販売価格は昨年よりも5000円値上げして
44000円になってますね。

このあたりの販売戦略は、私の知るところではないですが、
おそらく今後も徐々に値上げしていくのではないでしょうか。

販売者様から特典を2つ頂きました

販売者様から限定特典を2つ頂きましたので、
今後の購入者様には、それらの特典も一緒にご提供します。

この2つの特典は
「トレーダー和也監督 Quartet Technic Academy」の売上げに
貢献したVIPブロガーだけに特別に提供されるものだそうです。

で、頂いた特典とは、

  • 特典1 トレーダー和也監修 オリジナルインジケーター
  • 特典2 和也式メンタル強化法【動画+PDF資料】

この2つになります。

これらを簡単に説明すると、

特典1 トレーダー和也監修 オリジナルインジケーター

この特典は「トレーダー和也監督 Quartet Technic Academy」の中の
[手法④ファイナルストラテジー]で使用するインジケーターで
エントリーのタイミングを視覚的に知らせてくれるツールになります。

[手法④ファイナルストラテジー]とはレビュー内でも説明していますが、
買われ過ぎ、売られ過ぎからの反転狙いの手法ですね。

そして、その”買われ過ぎ”、”売られ過ぎ”の定義は明確に決まっていて、
その基準に達した時に矢印とアラームとメールで知らせてくれます。

サンプルチャートを以下に載せます。
quartet20020801
これは売られ過ぎの例ですが、こんな風に矢印が出現し、
それと同時にアラームとメールが来ますので、
これらを確認すれば手法④の体勢に入れます。

このインジケーターを利用すれば、
買われ過ぎや売られ過ぎを計算する必要が無くなりますので、
非常に便利ですね。

特典2 和也式メンタル強化法【動画+PDF資料】

メンタル強化法“という表現は、分かりにくいかもしれませんが、
要するに、”自己分析論“について解説されています。

もっと分かりにくくなったでしょうか^^;

つまり、自分自身の性格を理解して、
長所、短所を把握することがトレードに有利に働く
という趣旨のもと、
自己分析して、問題解決していくための道筋が解説されています。
quartet20020802
例えば、
物事を慎重に進めるタイプの人もいれば、
直感でどんどん進めていく人もいます。

それらタイプの異なる人が
FXにおいてどのような長所、短所を持つ傾向にあるのか、
各自で自己分析して、
弱点をカバーしていくための手順を教えてくれます。

『手法④ファイナルストラテジー 乖離チェック』と似ている?

上記の特典1「トレーダー和也監修 オリジナルインジケーター」は
手法④における買われ過ぎ、売られ過ぎを
視覚的に知らせてくれるツールと説明しました。

でもこれって、、、そうですね。

私からの独自特典第四弾である
手法④ファイナルストラテジー 乖離チェック
と似たような機能ですね。

手法④ファイナルストラテジー 乖離チェック』も
現在の乖離幅をリアルタイムでチェックして、
既定の乖離幅以上になったら、
サブウィンドウ、アラーム、メール通知で知らせてくれるツールです。

もちろん、どちらかが真似をしたというものではないです。
偶然、似たような発想を持った、というだけのことです。
(まぁ、私のインジケーターの方が先に提供しましたが)

参考チャートを載せます。
quartet20020803
チャート内の矢印が
トレーダー和也監修 オリジナルインジケーター
で、
サブウィンドウが
手法④ファイナルストラテジー 乖離チェック
です。

どちらもほとんど同じ場所でシグナルを出していますね。
なので、どちらを使っても構いません。

どちらを使っても良いですし、両方使っても良いですが、
個人的には、
「私が開発したインジケーターの方が使い勝手が良いかなぁ~」
って思っています。

なぜなら、
手法④ファイナルストラテジー 乖離チェック』であれば、

  1. リアルタイムで乖離幅を判断している
  2. アラームが連続で鳴らない
  3. 全ての過去チャートに表示される
  4. エントリー場面も知らせてくれる

からです。

この中では、特に2番と3番の違いは大きいでしょう。

トレーダー和也監修 オリジナルインジケーター」だと、
所定の乖離幅以上になると、
5分毎にアラームが鳴るんですが、
それがちょっとウルサイです。

上記チャートだと、
18本連続で矢印が出現している個所がありますが、
そのたびにアラームが鳴るのでシツコイんですね。

しかし、
手法④ファイナルストラテジー 乖離チェック』であれば、
最初の1回のアラームだけで済ましています。

また、
トレーダー和也監修 オリジナルインジケーター」だと、
数日間分の過去チャートにしか
矢印が表示されない仕様になっているようです。

しかし、
手法④ファイナルストラテジー 乖離チェック』であれば、
全ての過去チャートに表示されるようになっているので、
手法の検証作業をする際にも役立ちます。

よって、もしどちらかだけを使うとするならば、個人的には
手法④ファイナルストラテジー 乖離チェック』をお勧めします。

せっかく提供してくださったのに、ごめんなさい。

スキャルピング用の手法、マインド、資金管理、全て揃ってます
トレーダー和也監督 Quartet Technic Academyの詳細レビューへ

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2020年2月
« 1月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

アーカイブ

このページの先頭へ