FX初心者の為の情報商材レビュー通信

優秀なFX情報商材は、初心者が自分の手法を構築する為には、どうしても必要となります。FX情報商材を利用せずに自力で手法を作り出すこともできますが、それには年単位にも及ぶ膨大な時間がかかってしまうことを覚悟しなければいけません。是非、このブログで紹介しているFX情報商材から、あなたに合った手法を見つけてだして最短の時間で勝ち組に入ってください。

「プライスアクションFXトレードマニュアル」の記事一覧

プライスアクションFXトレードマニュアル~4時間足と1時間足の環境認識なら

「プライスアクションFXトレードマニュアル」購入者の方は、私の独自特典の環境認識だけを利用して別の順張り手法を構築するのも面白いでしょう。4時間足と1時間足の環境認識さえしっかりしていれば、それなりの結果(期待値>1)は残せます。

プライスアクションFXトレードマニュアル~低ボラに合わせた利確と損切り

プライスアクションFXトレードマニュアルでトレードする際の平均的な利確幅は30~100PIPS、平均的な損切り幅は20~40PIPS程度ですが、今の低ボラ相場には当てはまりません。低ボラ相場の時には、当然ながら利確幅も損切り幅も狭くなります。

プライスアクションFXトレードマニュアル~私の分析方法にも近い?!

プライスアクションFXトレードマニュアルでは、マルチタイムフレーム分析、ダウ理論、支持線抵抗線、この3要素を取り入れた分析方法を採用していて、しかも、私の分析方法とも似ているので個人的には気に入っています。

プライスアクションFXトレードマニュアルでは日足の分析は必要ない!?

プライスアクションFXトレードマニュアルでは、日足、4時間足、1時間足、15分足の4つの時間軸を使ってチャート分析を行っていきます。しかし、私個人の感想としては、日足のチャート分析に関しては、それほど重要でないと思っています。

プライスアクションFXトレードマニュアル~ライン引きに近道なし

プライスアクションFXトレードマニュアルでは、トレードを行う前の準備段階として、チャート上に数多くのラインを引いていきます。プライスアクションでのトレードというものは、自分の手を動かしてラインを引かないと身に付きませんので、これはやるしかないです。近道はありません。