FXテクニカル問題5 チャートパターンとラインは?


日付、価格、時間軸、通貨ペア、全て表示していません。
表示しているのは、MA21とボリンジャーバンドの±1σ~±3σだけです。

 

あなたは、現在ノーポジションです。
このチャートの形状から、どのようなチャートパターンを考え、
どのようなラインを引きますか?
(下の画像を見ずに考えてね)

 

 

 

 

 


あれからローソク足5本進んだチャートです。
先の図はAUDUSDの1時間足チャート、
日付は10月5日、先の金曜日、雇用統計の日ですから、
もしかしたら、問題図だけで気づいた人はいたかもしれません。

 

私なら以下のように考えます。

 

まず、オレンジラインで引いた水平ラインが見えます。
このラインは、10月4日までは、短期的な上値抵抗線だった水準です。

 

それが、10月5日の深夜に上抜けてからは、
今度は逆に下値支持線に切り替わったことが分かります。

 

雇用統計の発表前まで、その支持線は機能していました。

 

そして、実際の雇用統計の発表では、一旦ドル安の動きとなり、
上げることとなりましたが、直近の高値を越える事ができず、
黄色いラインで示したようなヘッドアンドショルダーの
チャートパターンが現われました。

 

そして、最新のローソク足では、長めの陰線が出現しており、
支持線となったオレンジラインを下抜けるか、という動きになっています。

 

この時の動きを5分足で詳しく見てみましょう。

私なら、雇用統計の発表時の起点となった始値を割り、
かつ、支持線として機能していたオレンジラインを割った長めの陰線が
確定した段階でショートを仕掛けます。

 

損切り位置は、再度、雇用統計時の始値を越えたあたりか、
もっとリスクを取れるなら、雇用統計時の高値を越えたあたりになります。

 

で、私はというと、、、
リアルタイムで気づいておらず、見逃しです。。。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人:こすぎ

プロフィール

プロフィール

疑問、質問などありましたら、
お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム

カレンダー

2017年3月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

このページの先頭へ